TAMA IIJIMA

飯島たま

和綿、大麻、亜麻、葛、羊毛などの天然繊維から制作しています。

手紡ぎ、植物染め、手織り

山梨県笛吹市生まれ。

小さい頃は柿の木で遊びレコードを聴き踊り、川原と猫と泥団子と本の世界を楽しみました。

社会での経験を経てイギリスに魅かれ渡英、帰国後、近江はたおり探検隊で生物がモノとなり土となることを体感しテキスタイルの世界に出会います。

自然布の文化を探るべく葛は静岡県大井川、麻は滋賀県甲津原、楮は徳島県木頭村、苧麻は福島県昭和村と現地を訪れその営みと技に触れました。

2014年、フィンランドを訪れ深い闇を経たところから生みだされる煌めく光、彩り、森、人々に触れ新たなテキスタイルの可能性に目覚め、自ずから然る創作に励み学ぶ日々です。

2006年ー2018年  早稲田大学オープンカレッジ植物染め講座担当

2008年ー2019年  豊島区織り姫の会、後に木更衣会にて指導と学習

2012年            「個展 玉響」テノナル工藝百職/京都

2013年      「個展 月の響」テノナル工藝百職/京都

2014年      「個展 ヒカリユラリ」テノナル工藝百職/京都

                         「モリアカリ」原茂ワイン/山梨

                「フィンランドの森と光」河口湖円形ホール/山梨

2015年            「個展 ソラシラベ」テノナル工藝百職

2017年            「個展 風のしらべ」テノナル工藝百職

2018年      「My favourite things」 テノナル工藝百職/京都 

2019年            「和奏の会」着物乃塩田/山梨

 

2016年12月~  工房「川風の調べと紡ぐ家」にて制作活動の傍ら、オープンアトリエ、植物染め、手織り教室などを企画    

 

 

Tama is a textile artist born in Yamanashi.

Graduated from Sophia University in Tokyo.

 

Tama’s textiles have a gentle atmosphere and warm feeling. She combines all spinning, dyeing and weaving techniques to creates textiles with a unique texture. She only uses natural materials such as pure wool, organic cotton, linen and hemp. Her main works are shawls by hand spinning, dyeing with natural plants, and hand weaving. She thinks smooth touch and airy texture are crucial for shawls.
Her other works included bags, obibelts and kimonos. Recently she has been interested in installation work such as decorating some spaces like a concert hall to create collaborative art with music

© 2020 by 川風の調べと紡ぐ家